ドキュメンタリー映画「シチズンフォー スノーデンの暴露」

0

     「シチズンフォー スノーデンの暴露」の映画館上映を見逃してから だいぶ時間が経ってしまったが、レンタルDVDを借りにゆくと、おかげで準新作になっていていた。

     この映画には、スノーデンが伝えようとした事実そのものの他に、2つの点でぼくは興味があった・・・スノーデンがどのような人物であるのかを自分の眼で見たい、そして 「暴露:スノーデンが私に託したファイル」に文章として書かれているときのことが、同じとき同じ場で映像という形式で記録されたものは どう違うのかを知りたかった。

     ぼくは文章を先に読んでいたから、事実の経過や背景やスノーデンの意図については理解しているつもりだ。しかし、ひとの気持ちを読みとるのは映像で表情や話しかたを見るにはおよばない。

     

     彼は メディアに携わる人たちから2人の人物をえらび、彼らを信頼するに足ると見込んで、ある情報を託すからマスメディアを通じて世界に公表してほしいとメッセージを送った。

     CIAと NSAが、Facebook、Amazon、Microsoft、Apple、ATTなどのシステムに入って個人の情報や交信の記録を密かに蒐集している・・・その事実を示すファイルを持っていると伝えた。送られたメッセージには、信頼性を確認するため情報の一部が添付された。ちなみに、CIAは大統領直属の情報機関であり NSAは国防省の情報機関である。スノーデンは、その両方に勤務した。

     

     上記の本は、この2人のうちのひとりであるジャーナリスト グレン・グリーンウォルドが書き、映画は もうひとりのローラ・ポイトラスがつくった。

     

     はじめは2012年末、メールがグリーンウォルドに送られた。しかし 暗号システムの構築を求められたり、罠やガセネタの可能性も捨てきれず 、グリーンウォルドは しばらくそれを放置していた。翌2013年春、業を煮やしたスノーデンはポーラに連絡をとる。受けとった情報を本物と見たポーラが旧知のグリーンウォルドに声をかけ交信を重ねたのち、ふたりは香港のホテル (The Mira Hongkong) に潜伏するスノーデンに会うことになって、この告発を最初に公表する「ガーディアン」からも記者が加わり、3人で部屋を訪ねた。


    AIよりIA

    0

      Click

       

       コンピューターは自転車のようなものだと言ったスティーブジョブズの考え方に、いまも ぼくは強く深い共感を覚える。Macと自転車が 生涯の重要な友と思っているが、そればかりではない。

       

       クルマの全自動運転の実現が近いというニュースを聞いたり、プロの棋士がやっとのことでコンピューター相手の囲碁で勝ったドキュメンタリーを見たりすると、ぼくは不安な気分になる。

       

       人間がいちいち指示を与えなくともコンピューター自身が あらゆる状況を知りや目的を考え判断して動くことのできるAI(Artificial Intelligence:人工知能)を、コンピューターの究極の目標と考える立場がある。

       それに対して、コンピューターは人間のもっている知的な能力を拡げるものだと位置づけ、それをIA(Intelligence Amplifier )という考え方があるのだと、僕は2年ほど前に知った・・・インテリジェンス・アンプとよんでおこうか。

       

       それを知ったときぼくは 当然のように この自転車を思いうかべた。

      古くから スティーブ・ジョブズは、「コンピューターは、ぼくたちの精神のための自転車だ」と言っていたし、1984年にはスーパーボウルのハーフタイムに歴史的なCMをTVに流した。

       人間を支配する巨大な権力者をぶち壊してみせた このCMは「巨大コンピューターは人類を支配しようとするが、Macintoshはひとりひとりの人間の能力を拡げる」というメッセージを伝えようとした。むろん、ジョージ・オーウェルの「1984」が背景にあるし、その独裁者はIBMを念頭に置いたものであるのはいうまでもない。


      エドワード・スノーデンの勇気

      0

          インターネットや携帯電話でかわされた通信を、情報機関がことごとく入手し保存して あらゆる人の行動を監視するという事態が、いつかどこかの独裁国家で起きるだろうとは、多くの人が思っていただろう。

         それが 自由を標榜するアメリカ合衆国によって現実に行われている。このままでは、ときに邪悪になりうる強大な力を持つ者 神ならぬ者によって つねにひそかな監視を受けながら、人々は生活しなければならなくなる。

        いまのうちに なんとかしなければならないと、エドワード・スノーデンは命がけで声を上げた。

         

        click 

         「暴露:スノーデンが私に託したファイル」は 3つの章から構成されている。

         1章では、重要な情報を伝えたいというEメールを著者が受けてからスノーデンに会って直接に話を聞き、膨大な資料を入れたUSBメモリーを托される。それを公開するまでのスリリングな物語。とにかく面白い。

         2章には、スノーデンが持ち出した具体的な資料の数々によって どのような組織のどのような人間が情報を求め利用したかが具体的に示される。いわば証拠の提示。

         3章では、情報組織はこのように常時監視することによって何を得るのか、逆に 常に監視される人々はどのような影響を受け何を失うのかを指摘する。

         

         国家機関が重大な背信行為をおこなっていることを、そこに勤務する公務員が職場から持ち出した資料にもとづいて公に示せば、彼自身は法を踏み越えることになる。その時、どれほどのものを失いどんな報いをうけるかは容易に想像がつく。

         スノーデンは、みずからの現在と未来の仕事や地位も、これからの生涯にわたる行動の自由も、ことによると生命すら危うくするという代償を覚悟の上で、NSA(アメリカ国家安全保障局)の、つまりアメリカ合衆国政府の行動を内部告発した。

         

         どのような言葉も、それがどのような人物が語ったかによって意味も価値も違う。NSAの前にはCIA(中央情報局)に勤務していたスノーデンの行動は、個人的感情によるものではなく、意味と影響を冷静に見極めたものだった。彼は、CIAで得た情報も持っていたはずだが、公開はNSAの情報だけにしぼった。

         CIAには、さまざまな国さまざまな組織に、身分を隠して身を潜める人たちがいる。彼らについての情報が公開されれば、エイジェントたちには生命の危険をふくめて大きな影響がおよぶ。それを配慮して、あくまでもNSAによるネット情報の傍受蒐集に限ったのだ。さらに、当初から自身の氏名と身分を明らかにしようとしていたが、それは、データを持ち出した人間を当局が特定するために、関わりのない人を俎上に上げることを極力防ごうとしたからだった。

        続きを読む >>


        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
          玉井一匡 (08/17)
        • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
          秋山東一 (08/17)
        • エドワード・スノーデンの勇気
          Tosi (08/13)
        • 映画「NO」:選挙で 独裁者ピノチェトを退陣させた'88年のチリ市民
          玉井一匡 (01/26)
        • 映画「NO」:選挙で 独裁者ピノチェトを退陣させた'88年のチリ市民
          AsianEmi (01/26)
        • 「崖っぷち国家日本の決断」
          Tosi (12/22)
        • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
          玉井一匡 (12/02)
        • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
          玉井一匡 (10/12)
        • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
          kawa (10/10)
        • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
          kawa (10/10)

        recent trackback

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM