金曜日の夕刻、首相官邸前に行ってみないか・・・何かが育とうとしている

0
    Click to PopuP

     われわれの政府が、原発に対する基本姿勢を明らかにしないまま強引に大飯原発の再稼働を決めたことに憤懣やるかたなく、6月22日、29日、7月6日と、3週続けて金曜日の夕暮れ時に首相官邸に行った。
     いうまでもなく「@TWITNonukes ツイッター有志による反原発デモ」に参加するためだが、行進することのゆるされないこの「デモ」に、胸に抱えていた憤懣は体中に拡がってフツフツと蠢いている。にもかかわらず、このデモはなかなかいいじゃないかと、ぼくは思いはじめている。

     22日、溜池山王駅で地下鉄を降りて秋山さん首相官邸の前に向かうと、途中ほとんど警備がないのに拍子抜けしたが、やがてそのわけが分かった。官邸は高台だが溜池山王は低地にある。官邸の裏側にはコンクリートの擁壁や石垣がそそり立ち、人間による警備を必要としないのだ。ここは人を寄せつけないという意志をあからさまに城郭を模してつくられている。地形に従ったまでだと設計者は言うだろうが、もっとやさしい表情のデザインがいくらでも考えられるから、おそらくこれは意図的なものだろう。
     ホワイトハウスの前には大きな広場がポトマック河まで続いていて、黒人の権利を求めたワシントン大行進のキング牧師による演説「私には夢がある(I have a dream)」がそこで行われた。われらの国会や首相官邸も表側では道路と同じ高さだから擁壁はないかわりに、ひとを寄せつけない壁や装甲車の列があるばかりで、広場などありはしない。
     デモとは言うものの、あつまった人たちは行進することなく官邸前の道路の向かい側、歩道の内よりの半分に立ち並んで「再稼働反対!」とスピーカーで叫ぶリーダーの声につづいてつぶやくように復唱して、持っていればA4サイズのプラカードを掲げる。6時近くから集まりはじめた人々に、8時になるとリーダーは「今日の抗議行動は終わりました。これからも続きますので解散します」と告げる。フォーク集会や騒乱罪が適用された時代の人間には生ぬるさにウズウズするだろうが、あの時とは違うものがここでは育っている。

     ひとりの人間として、せいぜい家族や友人と連れだって思いを伝えに来ている人たちが大部分だ。ちいさな子を抱いたお母さんも多いし、電動車椅子に乗った夫と傘をさしかける妻という高齢の夫妻の姿もあった。
     行進できないかわりに、毎週の繰り返しの行動を許可させたのだろうが、お蔭で子連れや高齢者も、身体の不自由なひとでも、初めてデモなるものに行くひとも参加しやすい。リーダーを逮捕で失うリスクも少ない。交通渋滞も少ないから警察も楽だ。同時にでなくとも、入れ替わり立ち替わり多数の人たちが参加すればいい。みんな、twitterやFacebookあるいはブログを通じてこの「デモ」を知り、それぞれの胸にものを抱えてここにやってきたのであって、組織に動員されたものではない。ここで直接に見て感じたものを持ち帰り、それがまたインターネットを通じて拡がってゆくだろう。
     つまりこのデモは表現することであると同時に、この場所としての表現を受け取り感じ取ることであり、それをまた伝え表現することでもあるのだ。それに対して、もう一方の受け手は「大きな音だ」と侮蔑してみせる。おそらく、ここにいる人たちの大部分は、いまの与党に一票を投じた人たちであることを彼は自覚しているのだろうか。

     いい演説をする女のひとがいると、近くでそれを聞いていた友人が感心していたが、ぼくは22日以外は先頭近くにいていなかったから、その演説を聞いていない。だが、kai-wai散策の6月29日の「群衆に向かって」という写真を見て、このひとのことだろうと思った。近くにいる若者もいい表情をしている。6日に坂本龍一が来ると、掌をかえしたマスコミが取材に押し寄せて混乱させたということも、kai-wai散策/@総理官邸前 12.7.6にある。
    政府が国民を動かすのでなく、国民が政府を動かすのが国民主権というものではないか。

    コメント
    Tosiさま
     返信コメントおそくなり申し訳ありませんでした。先日はNHKでさえ「クローズアップ現代」でこの官邸前抗議行動を取り上げていましたね。
    この行動には、これまで日本で行われてきた異議申し立てとは大きく異なるところがあると思います。われわれはすくなくともひとつの覚悟をもっているということです。
     原発を廃止するためであれば、生活上の不便や不自由あるいは不快であれ甘んじて受け容れようと考えている。それは、原発に頼らなければ成り立たないような生活を、われわれは決して快適だとは感じられなくなっていると言うべきかもしれません。

     したがって、われわれが政府に求めているのは、まず、地震多発地帯の島に住む国民として世界に対する責任をはたすために原発の廃止を宣言することであり、それを前提にしたうえで、電気をどのように分配するか、自然エネルギーをどう開発するかを示した上で、いつまでに原発を全廃するか、すでに蓄えられている放射性廃棄物の処理方法をどうするか、の見通しを提示する。そして、生活を転換することを国民に求めるということです。

     この政府にそのようなことを求めることはできそうにない。だとすれば、そういう政策を実行することのできる政府をつくるということが、国民自身の力と手によって担われるデモクラシーというものでしょう。

    明日は、家族そろって官邸前に行こうと思っています。
    国民投票の実施を提案したパパンドレウが当時欧州を主導していたメルコジによって屈服させられて以来、欧州で実感をもって語られることが多くなったいわゆるポストデモクラシー状況は、日本では以前から常態であったといえます。いま私たちがそのなかで生きているのは、通常の民主的決定過程が完全に形骸化していて、つねにこの決定過程の外で実質的になされる決定(欧州ではトロイカと金融市場、日本では経団連やメガバンクによって)に、事後的にみかけの民主的正統性をあたえるために、民主的諸手続きのまやかしのような一連の儀式を順を追って完了させていくことで、デモクラシーの形式的体裁だけを一応取り繕っているようなシステムです。アテネやマドリードで続く抗議行動、あるいはフランクフルトの欧州中銀前でもおこなわれたような占拠運動と同様に、七月16日の代々木公園や毎週金曜日の首相官邸前の運動はこのようなポストデモクラシー状況に対する99%の側からの根底的な異議申し立てなのだと思います。これは、主権者が私たち人民であるのは単なるタテマエや形式に過ぎず、経団連やメガバンクのような「君主」が実質的には主権者であり、人民からの代表委任をうけて政権を担当しているはずの政治指導者たちが民意を蔑ろにしてこれら「君主」が要求する政策のみを忠実に実行する現状はもはや受け入れられないと明確に表明することで、デモクラシーを救い出そうとする試みです。
    • Tosi
    • 2012/07/24 6:46 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 水と油と神楽坂
      やす (07/21)
    • 図書館で廃棄された「岩波講座 日本歴史」を持帰った・・どこかおかしくないか?
      ChinchikoPapa (11/06)
    • いつも通る裏道に選挙事務所ができていた
      玉井一匡 (10/12)
    • いつも通る裏道に選挙事務所ができていた
      Tosi (10/11)
    • いつも通る裏道に選挙事務所ができていた
      Tosi (10/11)
    • IWJがおもしろい;郷原信郎・寺脇研・望月衣塑子
      Tosi (07/01)
    • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
      玉井一匡 (08/17)
    • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
      秋山東一 (08/17)
    • エドワード・スノーデンの勇気:「暴露」
      Tosi (08/13)
    • 映画「NO」:選挙で 独裁者ピノチェトを退陣させた'88年のチリ市民
      玉井一匡 (01/26)

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM