「原発危機と東大話法」

0
    原発危機と東大話法/安富歩/明石書店

     先週の「朝まで生テレビ」を録画しておいたのを見て、この本について書きかけだったことを思い出した。ここで批判されている4人のうちの1人である池田信夫という人物が番組に出て、腹立たしい発言をしていたからだ。原発擁護派による発言の大部分は、政府の対応のまずさや、相手の言葉じりを批判することに終始している。

     そもそも、人間のすることである以上、事故の対応をどこかで間違えるのは避けようのないことであり、その結果がはかりしれず大きく深い被害を招くものであるからこそ原発そのものをやめるべきだという自明の論理から、ひたすら離れようとしているのだ。
     
    読後感が痛快このうえない。これまで原発を育て、これからも護ってゆこうとする人々を、その言い方の中に欺瞞が潜んでいることを指摘して真っ向から明快に批判する。

     数ある人物の中から、批判の対象としてとりあげるのは以下の4人・・・原子力発電を安全であると主張し、危険性を指摘する人を見下すようにしてきた大橋弘忠、半生をかけて原発の危険性を指摘し続けた小出裕章氏を揶揄した精神科医香山リカ、事故が起きた後に大丈夫だ大したことはないとNHKで言い続けた原子力工学の研究者関村直人、原発は危険ではあるが、やはり必要であり安全に運用して行かなければならないと主張する経済学者池田信夫の四氏である。

     こういう役割を果たしている人物は数かぎりなく、原子力基本法という源にまで遡れば政治家・財界人・マスコミ・学者・・・あれもこれもといくらでも思い浮かぶけれど、その中からこの4人に絞り込んでいる。池田信夫という名は、この本を読むまで知らなかった人物だ。

     こういう人々の論理の組み立てかたを「東大話法」規則として20項目にまとめ、それに則って彼らの典型的な主張を具体的に批判してゆくのだが、この「東大話法規則」がなによりこの本の主張を理解させる。
      *「東大話法規則」20項目は、wikipediaにすべて挙げられている。
     東大話法は、かならずしも東大の連中だけが駆使するものではないが、とりわけ東大の住人がこれに長けているのだと指摘する。池田信夫は、東大の出身でもないし教官でもないのになんでオレが取り上げられるんだと、本質からはずれる反論を書いている。東大話法と同様の永田町話法や霞関話法、マスコミ話法などもあるなとはだれもが考えるだろうが、東大話法の使い手は、その道の権威・真実の体現者という前提でテレビやら新聞に登場するアドバンテージが与えられてきた。東大話法は自分自身の名と責任において発言するのではなく、「立場」からものごとを考え判断し「立場」から発言するのだと安富氏は指摘する。

     彼らは個人の利害のために立場や地位をつかいながら個人としての責任は回避しようとする。その思いが「東大話法」として表れるのだろう。 新聞であれテレビであれ、研究者の氏名の次に書かれるのはいつも大学名であり役職名であって、専攻が書かれるとしても最後であるか、むしろ書かれないことが多い。そういう事実は、マスコミも東大話法の構築に大いにあずかっていることを示している。

     著者の安富氏は、自身が東大の教授という立場にあってこういう批判を発することは、なかなか容易なことではないだろう。出身が京大だから「だれがあんな奴を東大に連れてきたんだ」などという陰口があるに違いないが、「よくぞ言ってくれた」という声の方が大きいことを願うばかりだ。

     どこであれ、長いあいだ同じ組織の中にいると良さも悪さも見えなくなるものだが、この事態に至っても、内部の教官と学生から原子力工学とその研究者に対する批判や東大そのものに対する批判が生じないのだとしたら、大学の存在意義などまったくありはしない。すでに大学自身がメルトダウンしているというべきだろうが、本書で批判されている東大のメッセージを読めば、どのような情況にあるのかは残念ながら想像がつく。

     読後感は、さながら池波正太郎の小説のようだ。池波の世界では、世の中を支配するシステムの中に身を置いて他者を犠牲にし、おのれの利益や権力の拡大をはかる悪人がいる。にもかかわらず、そういう連中は巧みに法をくぐりぬけ、時には法を自分たちに都合のいいようにつくり変えることさえするから、決して表だって罪を問われることがない。 

     しかし、たとえば「剣客商売」の主人公・秋山小兵衛は、悪事の核心にある人物を見つけ出し、最後には罰をあたえる。法による裁きは巧妙に逃れる相手だから、剣の達人である小兵衛は刃をもって報いるのだ。 そこで読者は溜飲を下げるのだが、それが痛快この上ないのは、悪いやつらが巧みに生き抜いて権力と金を手放さないままはびこる現実の世界を、こういう小説の悪人に重ねることができるからだ。
    小兵衛がいれば、あいつも、こいつもやっつけてくれるのだがと、ぼくはよく思い浮かべる。

    ■関連資料:この本で批判されている東大によるメッセージ(原発事故後につくられた)
    東大原子力工学科による「原子力工学を学ぼうとする学生向けのメッセージ」福島第一原子力発電所事故後のビジョン −/東大「原子力国際専攻」
    *震災後の工学は何をめざすのか/東大 「緊急工学ビジョン・ワーキンググループ」

    ■関連エントリー

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 図書館で廃棄された「岩波講座 日本歴史」を持帰った・・どこかおかしくないか?
      ChinchikoPapa (11/06)
    • いつも通る裏道に選挙事務所ができていた
      玉井一匡 (10/12)
    • いつも通る裏道に選挙事務所ができていた
      Tosi (10/11)
    • いつも通る裏道に選挙事務所ができていた
      Tosi (10/11)
    • IWJがおもしろい;郷原信郎・寺脇研・望月衣塑子
      Tosi (07/01)
    • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
      玉井一匡 (08/17)
    • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
      秋山東一 (08/17)
    • エドワード・スノーデンの勇気:「暴露」
      Tosi (08/13)
    • 映画「NO」:選挙で 独裁者ピノチェトを退陣させた'88年のチリ市民
      玉井一匡 (01/26)
    • 映画「NO」:選挙で 独裁者ピノチェトを退陣させた'88年のチリ市民
      AsianEmi (01/26)

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM