映画「黒い雨」

0

    Click 

     

     毎年この時期の一週間、神楽坂では「まち飛びフェスタ」というイベントが開かれる。まちが飛ぶんじゃなくて、まちへ飛びだそうというんだ。

    ギンレイホールは、「神楽坂映画祭」と銘打って この地にかかわりのあるテーマで選んだ映画を上映して参加する。

     

     去年は、神楽坂に育ち いまも住んでいる加賀まりこの出演作を上映したが、今年は「新潮社から生まれた名作映画たち」というテーマで構成された。神楽坂に本社のある新潮社が出版した小説を原作としてつくられた映画を毎日5〜6本ずつ上映したが 今年も終わってしまった。

     

     見たいと思う映画は数本あったのだが、じっさいに見たのは一本だけ、ふた月ほど前に小説を読んだから これだけは見逃すまいと思っていた「黒い雨」だった。映画というものは、小説を先に読んでから見ると物足りないものだが、これはそうではなかった。

     

     映画が制作された1988年は 原作者 井伏鱒二が存命中であるし、今村昌平が監督だったからできたのだろうが、小説にはなかった人物を映画では登場させているし、小説には書かれていないできごともある。小説になかった視点をもって発言をする登場人物もいる。

     原作は、広島在住の実在の人物と その妹の遺児である姪が書いた日記をもとにしている。だから、小説では 日記にないことを書くまいと自らに課したのだろうが、映画は その拘束をはなれ、小説から一歩を踏み出している。

     

     映画は、原爆だけでなく 戦争そのものを批判するのだ。戦場で深い心的な傷を負って帰国した若者が映画に登場して重要な役を果たすが、彼は小説にはいない。また、いずれにも登場する友人が、映画ではこう言う。「アメリカは、どうして東京でなく広島に原爆を落としたんじゃろう」と。多くの日本人、とりわけ広島のひとたちは抱き続けた疑問だろう。

     はじめ、小説の題名は「姪の結婚」だったのを、のちに「黒い雨」に変えたという。それは やはり、小説を書いているうちにも個人的な視点から社会的な視点に拡げようとしたからにちがいない。

     

     戦争中の日本も 原爆をつくろうとしていたのだし、市民もろとも都市を丸ごと標的にする絨毯爆撃を行った重慶の空襲は、ナチスドイツ軍のゲルニカ爆撃と並ぶものとして  世界でうけとられていることを のちにぼくたちは知った。だとすれば、原爆を落とした責任は、B29エノラゲイとその搭乗員や米軍とトルーマンだけではなく、勝つ見込みのない戦争を始め、何十万の英霊に申し訳ないと いつまでも降伏しようしなかった軍部も、戦争によって利益をあげた 企業も、広島に原爆を投下したことに対して 道義的責任はあるはずだ。

     

      先日、ぼくたちの国の政府は、核兵器禁止条約の交渉を開始するという 国連の決議に反対票を投じた。

     

    ■関連リンク

    小説「黒い雨」/Wikipedia

    映画「黒い雨」/Wikipedia

    黒い雨(現象)/Wikipedia

    井伏鱒二/Wikipedia

    「核兵器禁止条約 被爆国が反対するとは」/中日新聞社説

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
      玉井一匡 (08/17)
    • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
      秋山東一 (08/17)
    • エドワード・スノーデンの勇気
      Tosi (08/13)
    • 映画「NO」:選挙で 独裁者ピノチェトを退陣させた'88年のチリ市民
      玉井一匡 (01/26)
    • 映画「NO」:選挙で 独裁者ピノチェトを退陣させた'88年のチリ市民
      AsianEmi (01/26)
    • 「崖っぷち国家日本の決断」
      Tosi (12/22)
    • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
      玉井一匡 (12/02)
    • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
      玉井一匡 (10/12)
    • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
      kawa (10/10)
    • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
      kawa (10/10)

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM