平成中村座で法界坊

0
    Click to PopuP

     平成中村座で「法界坊」:「隅田川続俤」(すみだがわごにちのおもかげ)を観た。
     一昨年は相撲、今年は歌舞伎と、いずれもつよい興味と関心がありながら行ったことがなかったものを初めて観る機会に恵まれた。 平成中村座は、隅田川のほとり待乳山聖天(まつちやましょうでん)と道をはさんだ向かい、野球場と体育館の狭間につくられている。  12年前に勘三郎がまだ勘九郎だったころ小屋掛けの平成中村座をここに立ち上げたのは中村座にゆかりの土地だったからだし、そのときの演し物にこの芝居を選んで、法界坊のなりで浅草の町に出没したのだそうだが、それというのも主人公がこの界隈の住人であるからで、ぼくにとって初めての歌舞伎がこの場所でこの演し物だったのはなんとも幸運なことだった。そのうえ、頃は桜がそろそろおわろうとしているから花びらが風を染めて道にも敷き詰められている。

     ここは隅田川から吉原へとつづく谷中堀が始まるところだが、多くの掘割がそうであるように今では堀は土の下に埋葬されている。待乳山聖天は、舟に揺られて遊里をめざした男たちが隅田川をのぼるときの目標にしていたところだと容易に想像がふくらむが、この芝居の最後の場面三囲(みめぐり)土手の背景の絵は、川向こうから平成中村座のあたりを見た隅田川べりで、桜並木の爛漫のむこうの小高いところに待乳山聖天があって、その脇の橋の下には山谷堀があるという仕掛け。芝居も小屋のまわりもすっかりひとつながりなのだ。
     演劇というもの、とりわけ歌舞伎というものはもともと複数の世界のぶつかりあいを重要な主題にしているのだろうが、中村勘三郎というひとは、世界やものごとの境界を自在に越え逸脱することを自らに課しているようだ。
     彼にとっては、歌舞伎の伝統そのものが、逸脱し境界をこえる対象として、すこぶるやりがいのある堅固な枠組みにちがいない。江戸時代のさまざまな「改革」のたびに虐げられながら巧みに面従腹背を重ねて戯曲や演出に工夫を凝らしご禁制をかわして生きのび、時代に応じた変容を加えてきた。おかげで、すこぶる多義的な饒舌によって真意をくらますのだ。そうやって歌舞伎そのものが境界をかわしながら歴史を重ねるうちに、伝統演劇としての地位を確立するかわりにみずから窮屈な枠をこしらえることになった。・・・勘三郎は、その歌舞伎の枠のあるのをさいわいとばかりに飛び越えることもまた芸のひとつに加えた。


    芝居がはねたあと、畳と座布団には桜吹雪の名残

     平成中村座を立ち上げたのは、常打ちの小屋を跳びだそうとしたからだし、法界坊では、早変わりで複数の人格をまたぎ、男が女を演じては男女の境を超え、最後には生死の境を超え怨霊となって現世にあらわれてみせる。病気あけの7か月興業もあとひと月というところまで来て力のかぎりのサービスぶり。さらにそれを包み込む思いがけない最後の演出に、ぼくはすっかり胸をゆさぶられて、涙が視界をにじませてしまった。

     それにしても、法界坊というやつは徹底した悪人でありながら愛嬌がある。喜劇仕立てとはいえ凄惨な物語であるのに見終わった後味が悪くない。なぜだったのだろうと、興奮の覚めたあとでは気になってくる。・・・・そもそもたかが掛け軸一本がなくなったせいで、お家を取り潰すだの、それを取り戻すために人の一生を勝手に踏みにじるなどという理不尽が背景にあるから、法界坊の出鱈目ぶりもそういう世界の一部にすぎないと思わせるからではないか。いいかえれば、世の中こそ、法界坊の悪党ぶりにまさるほどの理不尽が潜んでいるのだ。
    いまの世の中のこの体たらくも同じことだという理屈に、法界坊の悪逆非道ぶりの力を借りるとしようか。

    ■追記  この物語は、はじめは法界坊は悪人ではなかったのを、悪人に書き換えて大当たりしたのだそうだが、書き換えたあとの初演で法界坊を演じたのが、古典落語の人情噺「中村仲蔵」の主人公、初代中村仲蔵だったのだそうだ。  

    コメント
     光代さん
     その節はありがとうございました。MY Favorite Thingsで、足の話は読んでいました。さすがにぼくは、勘三郎の足やふんどしに惹かれることはありませんけれど、そういう見方には共感するところがあるのは、なぜなんだろうと考えていました。
     自分が小さい身体をもつことや橋之助の美男ぶりを言葉にしてさらけ出しネタにすることで、いつのまにか観客の価値基準を移動してしまう、あるいはもうひとつの価値基準をつくりだしてしまったことに感心したことを思い出しました。

     そこには、玉三郎が女形としては長身であるために、物腰や話し方や間合いにおそらく並外れた意識をもつようになって、芸をつくりあげていったのと共通するものがあるのでしょうね。
     勘三郎は開き直るだけでなく、立ち位置や化粧や発声などあらゆるものを動員して身体を越えるのでしょう。妹の息子は父親がアメリカ人ですから、「芸大」ということばをはじめて聞いたときに大笑いしたことがありますが、「芸」と「gay」には冗談ではなく、通じるものがあるように思います。
    何度か平成中村座を見て、私は勘三郎さんは 歌舞伎を今の時代に生きたものにしたいのだと思いました。
    ヴィヴィッドに生きているもの。
    それくらいしか分からなかったのですが、玉井さんが書かれるとこう成るんですねえ・・・・・。


    ブログにも書いたのですが、あの方の体型が歌舞伎の世界では大層美しく怪しくセクシーだと感じました。
    自分でも信じられないのですが「ふんどし」をカッコいいと感じるようになってしまいました!!

    失礼ながら余り長くない脚をカッコいいと思うようになるとは 想像もつきませんでした。
    私にとってそれはとても素晴しい事です。
    美しさの基準が多様になったので。

    ごめんなさい。
    平成中村座となると 饒舌になってしまいます。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 図書館で廃棄された「岩波講座 日本歴史」を持帰った・・どこかおかしくないか?
      ChinchikoPapa (11/06)
    • いつも通る裏道に選挙事務所ができていた
      玉井一匡 (10/12)
    • いつも通る裏道に選挙事務所ができていた
      Tosi (10/11)
    • いつも通る裏道に選挙事務所ができていた
      Tosi (10/11)
    • IWJがおもしろい;郷原信郎・寺脇研・望月衣塑子
      Tosi (07/01)
    • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
      玉井一匡 (08/17)
    • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
      秋山東一 (08/17)
    • エドワード・スノーデンの勇気:「暴露」
      Tosi (08/13)
    • 映画「NO」:選挙で 独裁者ピノチェトを退陣させた'88年のチリ市民
      玉井一匡 (01/26)
    • 映画「NO」:選挙で 独裁者ピノチェトを退陣させた'88年のチリ市民
      AsianEmi (01/26)

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM