アキノ隊員・虫・やんばる・ヘリパッド

0

    Click→拡大

     下北沢にダーウィンルームという魅力的な店がある。昆虫の標本、動物の剥製、化石、ルーペ、そして自然科学に関わるもろもろの本・・・ etc 。ぼくたちが自然について抱くさまざまな好奇心に応え、好奇心をそそのかす まちの自然史博物館だ。
     自然の切れっ端とそれを見つけたり解読するための道具がところせましと置かれているので、客の立っている場所は少ししか残されていない。どこへ行くにも いつも MacBookを入れたバックパックを背負っているぼくがこの店にいると、ふと気づけば他のお客さんにとって大きな迷惑になっている。

     8月22日 土曜の夕刻、宮城秋乃さんの話を聞くために、ぼくはダーウィンルームに行った。会場は店の2階にある。あとできくと、前のテナントだった美容院が出たので すぐに借りることにしてしまったという。階下の店の2倍以上ありそうなスペースをつかって、映画の上映、音楽のライブ、あるいはこの日のようなあつまりを開いているが、カフェをやるつもりだと店主の清水さんはおっしゃる。いまも、カモシカが壁から首を伸ばしているのだが、下の店とまじりあって きっと面白いカフェになるだろう。

     話がきまってたった2日でダーウィンルームの清水久子さんの手でつくられた魅力的なチラシに、ぼくはそそのかされたのだった。

     アキノさんは、自由な時間があれば 朝から晩まで やんばるの森にいて 虫、野鳥、カエル、ときにはヒメハブや蚊さえ自分と同じ生きものなかまとして、彼らの生態をじーっと見ている。そうしているうちに、昆虫の新種や 過去に2,3例しか見た人がいないようなやつに遭遇したり、行動の規則性を発見した。

     沖縄の医療関係者の開いた昆虫の標本展を見て蝶たちと運命の出遭いをすると これこそ進むべき道とさだめ、捕虫網で虫を捕まえて標本をつくることから始めたものの、いろいろな作業が面倒だったというけれど、そうではなくて、はやく森の中にもどりたくなったにちがいない。そこで、デジカメで写真を撮ったが、それも 思うように撮れない。つぎに ビデオで動画を撮ると、やっと自分の方法にたどりついたと納得する。記録と観察の方法の変遷が、彼女の関心のありようをものがたる。

     それぞれどの視点も方法も 自然とはなにかを読み取り伝えるものではあるが、彼女にとって虫たちは蒐集する個体でもない、自然の一瞬の美しさでもない、自然を観る視点を虫たちの生態に託すのだ。昆虫を観るのではなく昆虫の目でやんばるを 沖縄を そして自然を見るのだ。しかし、因果なことに、この人は虫の世界だけにとどまってはいられない。それが侵害されようとすればじっとしてはいられなくなる。

     アキノさんの撮った映像では、生きものたちが全くカメラを意識していないから、望遠レンズで撮ったものだとぼくたちは思う。じつは大部分が3~40僂竜離で三脚を使わずカメラを手持ちして 一時間も動かずに、たとえばリュウキュウウラホシシジミという小さな蝶の映像を求愛から交尾産卵をとり続ける。それも忍耐に支えられるのではなく、わきあがる喜びをもって観察するのだ。アキノさんの写真と映像を見ながら話を聞いて、そう感じた。

    Click→インタビュー 

     観察・撮影のときは半袖のTシャツといういでたちだが、虫除けスプレーさえ使えないから、何十匹もの蚊が身体じゅうにたかっていることもあるそうだ。抗体ができたのか平気だと言うから、その前に見た映像で、水の中に身を沈めるヒメハブの周りにテナガエビが びっしりと群がって 鱗のあいだをつつく映像を、ぼくは思いだした。
     カメラのファインダーを覗いた方が画像・映像に集中できるというのが普通の考え方だが、アキノさんは「ファミリービデオ」のようにディスプレイを開いて見ている。だから画面を見ながら前後左右天地の周囲を感じながら記録することができるのだろう。

     彼女のブログのタイトルは「アキノ隊員の鱗翅体験」という。「なんで隊員なんだ?」と誰もが思う・・・このひとはウルトラマンが大好きで、「科学特別捜査隊」の隊員のひとりとして自分をかさねているらしい。しかし、アキノ隊員は ウルトラマンのファンであるだけにはとどまらない。
     今年の4月には、在沖米軍御用達の企業が ウルトラ警備隊と提携する商品を販売することを許可したことに対し、円谷プロに抗議文を送った。こともあろうにウルトラ警備隊が米軍というバルタン星人と手を結ぶことに我慢がならなかったのだ。


     アキノ隊員は、東村の高江のやんばるでリュウキュウウラホシシジミが群生しているのを見つけた。しかし高江は、宜野湾キャンプ移設の引き替え条件として、辺野古に基地をつくるのとともに、集落の近くの森にオスプレイのためのヘリパッドが作られることになり、いま工事が進められている。それに対して、住民が交代で泊まり込んで24時間体制の反対運動を続けているのだが、アキノさんは、積極的にこの反対運動に参加している。

    ヘリパッド Click →Googleマップ

     辺野古問題の陰にかくれてしまいがちだが、「米軍北部訓練場」とされているこのあたりの森では1952年からジャングル戦の訓練が行われてきた。そのまっただ中に直径70mを超える円形の離着陸地を8つもつくろうというのだ。
     この写真をクリックすると、森の中にどんな状態でヘリパッドがつくられているのかをGoogleマップで見ることができる。一見すると、森の中に小さな円があるにすぎないように感じるかもしれない。

     しかし、想像力を働かせてみよう・・・ここにオスプレイが、爆音を響かせて離着陸する。これが8カ所も作られて、そこからは銃を抱えた兵士たちが 森に潜む敵を目指してこぼれだし銃を響かせるのだ。
     それが何度も繰り返すとしたら、周辺の住民にどれほど迷惑なことか、野生動物の生態がどんな影響を受けるか、それは想像に難くない。
     しかも、ここは海岸からさほど離れていないし小学校さえ近い。「敵地」に上陸して集落の近くのジャングルを切り拓いて、土を盛って巨大な土俵をつくり、人員物資を補給する前線基地として、それをもとに訓練しようというのだろうとは、容易に想像がつく。もしかすると、反対する高江の住民さえ「敵の潜む集落」の想定として格好の存在なのかもしれない・・・そう思うとなおさら腹立たしい。

     アキノ隊員が撮ったノグチゲラの映像では、オスプレイが上空を飛んだあと、
    ヒナは長い時間にわたって巣に引きこもった。
    ベトナムでは、敵の潜むジャングルを取り払うために枯れ葉剤を撒いた。それを吸引した人たちの後遺症で次の世代にまで でつらい思いをさせられていることに対して、アメリカ合衆国政府は、いまだに因果関係を認めない。

    ■関連サイト
    インタビュー アキノ隊員/沖縄タイムス+のインタビュー
    アキノ隊員の鱗翅体験/宮城秋乃さんのブログ(3回連続)
    DARWIN ROOM 好奇心の森 LIBERAL ARTS LAB/ダーウィンルームのウェブサイト


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • いつも通る裏道に選挙事務所ができていた
      玉井一匡 (10/12)
    • いつも通る裏道に選挙事務所ができていた
      Tosi (10/11)
    • いつも通る裏道に選挙事務所ができていた
      Tosi (10/11)
    • IWJがおもしろい;郷原信郎・寺脇研・望月衣塑子
      Tosi (07/01)
    • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
      玉井一匡 (08/17)
    • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
      秋山東一 (08/17)
    • エドワード・スノーデンの勇気:「暴露」
      Tosi (08/13)
    • 映画「NO」:選挙で 独裁者ピノチェトを退陣させた'88年のチリ市民
      玉井一匡 (01/26)
    • 映画「NO」:選挙で 独裁者ピノチェトを退陣させた'88年のチリ市民
      AsianEmi (01/26)
    • 「崖っぷち国家日本の決断」
      Tosi (12/22)

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM