「沖縄 うりずんの雨」

0

    「沖縄 うりずんの雨」:監督ジャン・ユンカーマン、企画・製作 山上徹二郎
    岩波ホール 6月20日より公開


      久しぶりに試写会を観た。「うりずんの雨」というドキュメンタリーだ。
    パンフレットにはこう書かれている・・・・「うりずん」は、潤い初め(うるおいぞめ)が語源とされ、冬が終わって大地が潤い、草木が芽吹く3月頃から、沖縄が梅雨に入る5月くらいまでの時期を指す言葉・・・しかし、1945年は3月に米軍の沖縄に対する攻撃が開始され6月に沖縄の日本軍は壊滅した。米軍の沖縄に対する攻撃は鉄の雨と呼ばれるから、うりずんの雨とはアメリカ軍の打ち込んだ銃弾の雨を意味するはずだ。

     映画は、米軍の攻撃開始から辺野古基地の建設が始まろうとしている現在まで、戦争と基地を通して沖縄の70年を、保存された記録映像とインタビューによって描き出し、沖縄の未来を問う。
    山上徹二郎の主催する企画製作会社シグロの 創設30周年を記念した作品である。監督のジャン・ユンカーマンはアメリカ国籍だが子供時代を日本で過ごし高校も日本で学び、長年にわたって日本に在住しシグロのドキュメンタリーを撮っている。このひと以上に、アメリカと日本をよく知った上で沖縄を描ける映像作家はいないだろう。

     これまで、「老人と海」で沖縄の自然と生きる人間を描き「映画 日本国憲法」ではアメリカ、アジア、日本の関係者にインタビューを重ねて憲法の成立の経過と意味を問い、これが単なる押しつけ憲法ではないことを示した。「9.11チョムスキー」では、9.11の攻撃に対し、アメリカが それまでの己
    振る舞いを棚に上げて 感情的に報復したことを 厳しく しかし穏やかに批判するチョムスキーを撮った。いずれもシグロで製作された。
     そしてこのドキュメンタリーでは、沖縄の住民がどのように戦闘に巻き込まれ、なにゆえアメリカの基地が沖縄に置かれ、それによって何が起きたかを示し、さらに新たな基地をつくることによって未来がどう変えられるのかを考えようと問いかける。
     映画は、ペリーが浦賀沖に来る前に琉球に寄ったことから始まる。アメリカは、太平洋戦争よりもはるかに古くから沖縄を基地として利用しようとしていたのだ。残されている記録映像と写真から過去の出来事を取り出し、身をもって体験し目撃した人々のインタビューによって、それらを現在によみがえらせてゆく。いま生きている人たちに沖縄戦の話を聞く時間は、もう長くはないのだ。
     1部「沖縄戦」 2部「占領」 3部「陵辱」 4部「明日へ」という4部の構成の、1,2部で ぼくたちは時間軸に沿って沖縄の戦闘と基地の歴史を知る。 3部では防空壕での集団自決や 戦後の占領と基地によってもたらされた市民の犠牲にぼくたちは向きあう。

     そこに、かつて少女をレイプしした元米軍兵士のインタビューがある。3人の犯人のうち2人が応じなかったインタビューに顔をさらして答える姿は、むしろ勇気を感じさせる。軍の内部のセクシャルハラスメントにも踏み込んで明らかにされるように、アメリカは本国の社会さえ殺人やレイプも多いのだから、戦場で死に直面した男たちが生還した基地でアルコールやドラッグに身を委ね、犯罪を犯す可能性が高いのは容易に予測できることだ。だとすれば、基地を提供する日本政府も性犯罪に道義的な責任があると考えてもいいだろう。

     江戸時代の 薩摩による琉球支配も、明治初期に琉球を日本に取り込んだ琉球処分も、軍部が「本土決戦」の時間稼ぎに沖縄戦を利用したことも、インタビューに答える人たちは「本土」に対する感情を露わにはしない。中国と薩摩の支配の間にあって距離のバランスをとりながら平和を保ち続けた琉球が力の支配をかわしながら、他国の干渉も手馴づけるように、ひとびとは諦念を育て憤りを熟成させ、基地を環境のひとつとして向き合っておりあいをつけるようになったのだろう。

     沖縄戦の戦闘は期間にして3ヶ月ほど、面積にして国土のわずか0.6%の島で行われ、その短い期間狭い範囲で住民の25%が、爆弾よりもっと人間の手に近い砲撃と銃と火炎放射器で殺された。それも、敵軍ばかりでなく味方であるはずの日本軍や肉親の手によってやむなく殺されたことさえあった。もし終戦時に陸軍のクーデタが成功し降伏を遅らせて「本土決戦」を実現していたら、全土で同じようにして日本の民間人が殺されたわけだ。
     少なくとも結果として本土決戦の実験場とされた犠牲に対して、国家は、あろうことか在日米軍基地の74%を沖縄に置くことで報い、それをいまもって改善しようとしない。多くの防備を結集すればよりよく守ることができるのではなく、より多くの攻撃を受けるということも、沖縄戦は示しているというのに。

     人々が営々として築きあげたまちも文化も、大切に育てた命もひととひとのつながりも、敵味方がたがいに破壊し殺しあって失われるが、憎しみと悲しみと苦痛だけは積み重ねられ築きあげられる・・・戦争というものが人間の行為の中でも最たる愚行であることは、容易にわかることだ。それを理解しようとせず、日本を戦争のできる国にしようとする者たちが新しい基地をつくれと要求しても、沖縄の人たちには容易に同意できるはずがない。

    ■関連エントリー
    映画 日本国憲法/MyPlace
    ジャン・ユンカーマン/MyPlace
    ジュリーの贈り物/MyPlace2:ドナルド・キーンは、米軍の一員として沖縄戦に参加していた。
    ■関連リンク
    シグロ
    琉球処分
    *「9.11 チョムスキー
    在日米軍/Wikipedia
    ■追記
    *  6月14日のNHKスペシャル「沖縄戦全記録」を見ると、NHKも制作現場では頑張っているようだ。戦争で12万人が亡くなったとされる住民のうちの8万人の記録が沖縄県に保存されているのを、この番組はコンピューターによって分析して視覚化する。
    沖縄の地図を地域に分割し、場所ごとに死者の数を沖縄の民間人と軍にわけて立体的な棒グラフとして立ち上げる。それを、戦闘の行われた期間の毎日、日を追って連続的に変化させてゆくと一種のアニメーションになって、4月1日の米軍上陸以降の沖縄戦の戦況の変化が如実に反映される。米軍の攻撃、日本軍の移動などがおきるたびに、局地的に死者数が突出したり減少したりするさまが、きわめて感覚的に表現される。
    「うりずんの雨」とおなように、このドキュメンタリーは、押さえがたい腹立たしさで元気を目覚ましてくれる。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
      玉井一匡 (08/17)
    • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
      秋山東一 (08/17)
    • エドワード・スノーデンの勇気
      Tosi (08/13)
    • 映画「NO」:選挙で 独裁者ピノチェトを退陣させた'88年のチリ市民
      玉井一匡 (01/26)
    • 映画「NO」:選挙で 独裁者ピノチェトを退陣させた'88年のチリ市民
      AsianEmi (01/26)
    • 「崖っぷち国家日本の決断」
      Tosi (12/22)
    • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
      玉井一匡 (12/02)
    • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
      玉井一匡 (10/12)
    • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
      kawa (10/10)
    • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
      kawa (10/10)

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM