曾野綾子のコラム「労働力不足と移民」の原文を読む

0
    click →全文をひらく

     曾野綾子のコラムがアパルトヘイトを肯定するような主張をしていると批判にさらされている。

     曾野綾子と産経新聞という組み合わせとはいえ、罵倒するような物言いのコメントにはいささかうんざりして、まずはコラムの原文を読みたいと思ったが、どういうわけか ネット上では記事の一部分をぼかした写真や斜めに撮った読みにくい写真をのせているものしかみつからない。
    そこで、図書館で2月11日の産経新聞朝刊を読んで写真に撮った。左上の部分写真をクリックすると全文を読むことができます。

     その要旨は・・・介護など、日本の労働力不足を解消するには、外国人労働者の移民を認めるべきだ。しかし、居住を共にすることは難しいから、住むところだけは分けるべきだ・・・という。そこにアパルトヘイト廃止後の南アフリカで共生がうまくいっていない実例を引きあいに出しているのだから、どうみてもアパルトヘイトを肯定していると思わざるをえない。

     この日の産経新聞朝刊は、一面のトップが 日本軍が南京に入城したときには城内には人間がほとんどいなかったのだから、虐殺などできるはずもないと主張する元兵士の発言をとりあげた記事だ。2月11日は建国記念日だったから特別に気合いが入っていたのだろうが、南アフリカではマンデラが長い投獄生活から解放された記念すべき日でもあるそうだ。
     曾野綾子は、介護に必要な程度の日本語なら2,3日で覚えられるから近隣国の女性を移民として来させればいいとして「移民としての法的身分は厳重に守るように制度をつくらねばならない。条件を納得の上で日本に出稼ぎに来た人たちに、その契約を守らせることは何ら非人道的なことではないのである。」とつづける。

     つまり、移民には日本人と別枠の住民という法的な立場を用意し、それにもとづいて契約し それを守らせるというのなら非人道的ではないという。・・・だとしたら、たとえば逆に 曾野綾子という若い日本人が介護の労働者としてアメリカに渡ったと考えてみよう。彼女は日本人村という地区に住まなければ罰せられるという契約を結ばされ、移民という法的な身分と それを保証するイエローカードというIDカードを与えられる。もしそうなるとしたら、曾野綾子というひとは それを受け容れてアメリカに感謝の念を抱いて働くというのだろうか。

     曾野が挙げる南アフリカの例は こうだ・・・アパルトヘイトが撤廃されたのち、あるマンションに黒人家族が住むようになり「白人やアジア人なら常識として夫婦と子供2人くらいが住むはずの1区画に20~30人が住みだした。」その結果、白人が逃げ出して「黒人」だけになってしまった。・・・こういうことにならないように、居住だけは別にした方がいいと結論づける。

     仮に、彼女があげた例が事実だとしよう、しかし、白人の家庭では複数の雇い人を置いているだろう、そして時にパーティーなどを開けば多数の来客があるだろう。白人の住まいは、そういう生活をできるだけの かなりの面積的余裕があるはずだ。いっぽう、「黒人」が 高密度で住むのは、大家族主義という文化のためだけではなく、貧しいからではないか?「黒人居留区」に押し込められていたからではないのか。 そもそも その土地は「黒人」のものであったのを、白人が勝手にやってきて力ずくで取り上げたものではないか。 だから、彼らは貧しい生活を余儀なくされたのではないか。
    さらに、肌の色だけで人間をひとくくりにして「黒人」というのは、アフリカの各地でそれぞれ独自に築かれてきた歴史と文化をないがしろにするものではないか。

     他人の土地に力ずくで入り込んで、もともといた人間を邪魔者あつかいするよりは、人手がほしくてよその国から人を呼ぶのはまだましかもしれない。しかし、かつてぼくたちの国では、炭鉱などで重労働をさせるために、近隣国から人を連れてきて働かせ、彼らを差別した歴史がある。そのとき、たとえば炭鉱ではたらく労働者のための住宅をつくってそこに住まわせることで、曾野綾子にすすめられるまでもなく居住を分離した。

     日本がいまも韓国や中国に信用されないのは、かつて日本がひどいことをした過去があるからだ。そして、それを改善できないのは、曾野綾子のような人々、産経新聞や読売新聞のようなメディア、これ見よがしに靖国参拝を繰り返す政治家などが、歴史を直視することを自虐史観と称して顧みないどころか、植民地支配ではいいこともやったという見なおし史観をつくりはじめているからだ。

    ■関連記事
    曾野綾子さん「移民を受け入れ、人種で分けて居住させるべき」産経新聞で主張/HUFF POST
    曾野綾子さんコラム問題は、アフリカではどう思われているのか/HUFF POST
    産経新聞 曾野綾子さんのコラムへの抗議文/アフリカ日本協議会 ウェブサイト
    曾野綾子さん、批判にラジオで反論「差別ではない、区別」「撤回するつもりはない」/HUFF POST
    アパルトヘイトをめぐるThe Daily Beast の記事から/内田樹の研究室
    「誰かをたたきたい欲求」を誘発し続ける古びた論客/HUFF POST2013年12月24日/武田砂鉄
     

    コメント
    興味深い符合といえるかどうかはわかりませんが、マニュエル・ヴァルスも(あの事件からまだ間もない頃に)この言葉を使って物議を醸しました。といってもそれはあくまで"maux qui rongent notre pays"という位置づけであり、それを目指すべき目標とみなすような異様な発言からはさすがに大きな隔たりがあります。
    http://www.lemonde.fr/politique/article/2015/01/20/pour-manuel-valls-il-existe-un-apartheid-territorial-social-ethnique-en-france_4559714_823448.html

    さきの県議選でみられたように仏ではいまや二人に一人が棄権、そして投票するひとの四人に一人が極右に投票というような状況です。
    • Tosi
    • 2015/04/03 8:15 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 水と油と神楽坂
      やす (07/21)
    • 図書館で廃棄された「岩波講座 日本歴史」を持帰った・・どこかおかしくないか?
      ChinchikoPapa (11/06)
    • いつも通る裏道に選挙事務所ができていた
      玉井一匡 (10/12)
    • いつも通る裏道に選挙事務所ができていた
      Tosi (10/11)
    • いつも通る裏道に選挙事務所ができていた
      Tosi (10/11)
    • IWJがおもしろい;郷原信郎・寺脇研・望月衣塑子
      Tosi (07/01)
    • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
      玉井一匡 (08/17)
    • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
      秋山東一 (08/17)
    • エドワード・スノーデンの勇気:「暴露」
      Tosi (08/13)
    • 映画「NO」:選挙で 独裁者ピノチェトを退陣させた'88年のチリ市民
      玉井一匡 (01/26)

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM