「メキシカン・スーツケース」

0
     新宿のシネマカリテで、ドキュメンタリー映画「メキシカン・スーツケース」を見た。
    またしても最終日になってしまったが、21:00上映開始のレイトショーにしては なかなか多くの観客がいるではないか。
     
     2007年、ロバート・キャパの弟 コーネルが70年近いあいだ行方を捜していた4,500枚の写真のネガフィルムがメキシコで見つかった。キャパとゲルダ・タローデヴィッド・シーモアが撮ったスペイン内戦の写真だった。この映画の大部分は、ネガと同じように 内戦後にスペインからメキシコへ亡命した人たちのインタビューと写真で構成され、3人の写真家が命を賭けてどのようにして戦場で写真を撮ったかを伝えることからはじめる。とりわけ、おそらく初めての女性戦場写真家ゲルダは、文字通り命とひきかえに撮った写真だった。共和国軍の戦車の暴走に巻き込まれて死んだゲルダの、病院のベッドで最期をむかえた様子を見て、僕はなぜかすこし安堵した。キャタピラに踏みにじられたところなど想像もしたくなかったのだ。

     インタビューは、フィルムがメキシコにたどり着くまでの足跡を追いながら内戦のあとに国境のピレネー山脈を越えた共和国派のひとびとの日々を掘り起こしてゆく。インタビューに応える人たちはその過酷な時を生き抜いて、いまメキシコにいる。
     沖縄でおびただしい砲撃と死を身をもって知った人たちや、広島・長崎で友人や家族を殺されたひとびとがそうであったように、スペイン内戦を経験してメキシコに渡った人たちは、残された時間も少なくなった今日まで、内戦についてほとんど語ることがなかったという。それだけに、カメラに向かって打ち明ける つらい過去とモノクロの写真は、ぼくたちを内戦のスペインの荒れ果てた街に連れて行く力をもっている。
     内戦の終結後にフランコ軍を逃れてフランスに脱出すると、中立の立場をとったフランス政府は収容所に押し込めることで彼らを迎えた。字幕では「強制収容所」としていたが、のちにドイツ支配下のフランスでユダヤ人の強制収容所になったとしても、屋根もなく水もないとはいえ、そこはまがりなりにも「難民収容所」ではあっただろう。こうした事実を前にしてぼくは初めて気づいた、難民収容所の中はスペインではないがフランスでもないのだ。国境のフランス側ではあるからフランコも勝手に手を出すわけにはゆかないが、街を歩くこともできない。やがてフランス人も国境を越えて逃れることになるのだが、何十万の難民が押し寄せれば自分たちの国家という制度の存立があやうくなると考える。戦争とは、そういう事態が当然のように生じるのだ。

     ところがメキシコは、内戦中に共和国へ武器を送って支援したばかりでなく、戦後はフランスに船を送り、1万人ものスペイン人を亡命者として受け入れた。「メキシコといったらソンブレロしか知らなかったけれど、来てみたら大都会だった」と、メキシコに着いた時のよろこびを、いまはすっかりメキシコに溶け込んだ老人が語る。
     ヨーロッパの国はことごとく、ファシストに危険を感じながらスペインの社会主義化をおそれ国家としては中立を宣言した。孤立する共和国を支援するために、ヘミングウェイやロマン・ロランをはじめ世界中から国際旅団をつくってひとりの人間の意志で共和国軍の支援に駆けつけた。メキシコは国として共和国を支援した。ソ連が国家として支援したことは知られているが、大国のすることだ、その背後にどのような思惑があったかは容易に想像がつくし、武器の支援もちゃんと金をとっていたという。

     メキシコが共和国を支援したことを、ぼくはまったく知らなかったので調べてみると、当時のメキシコはラサロ・カルデナス大統領が、私兵をもつような大土地所有者からの解放をめざす改革を勧めていた。彼の時代のメキシコは1936年にはソ連を追放されたトロツキーの亡命も受け入れている。スターリンはスペイン共和国を見捨て、のちにトロツキーに刺客を送りピッケルで暗殺させたが、カルデナスのメキシコは亡命者を受け入れることに積極的だったのだ。そういえば、フォルクスワーゲンのビートルを最期まで生産していたのはメキシコだったっけ。

     この内戦で、歴史上初めて市民もろとも都市を爆撃したとされるゲルニカの爆撃は1937年、日本軍は翌1938年に重慶にもっと大規模な絨毯爆撃を加えてあとに続いたのだから、スペインの内戦が日本と無縁ではない。数年前のサッカーアジアカップで日本チームがブーイングの嵐に見舞われたときに、不覚にもぼくは腹立たしく思ったのだが、かつて我が日本の軍が無差別の重慶爆撃を行ったことをあとになって知った。東京大空襲という残虐には、そのまえに日本がやった重慶爆撃の影響があっただろう。

     現代の戦争は、むしろ大部分が内戦であって、国と国が宣戦布告して始めるという形式の戦争はもはやなくなろうとしているのを見ると、スペイン戦争は現代の戦争のプロトタイプだったのかもしれない。
     メキシカンスーツケースのネガは、現在はコーネルの創設したニューヨークのICP(International Center of Photography:国際写真センター)にあるそうだ。ニューヨークに行く機会があれば、ぜひ寄ってみよう。
     
    ■関連サイト
    スペイン内戦とメキシコ/小倉英敬(国際関係論/外交官としてペルー大使館占拠に居あわせた)

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 水と油と神楽坂
      やす (07/21)
    • 図書館で廃棄された「岩波講座 日本歴史」を持帰った・・どこかおかしくないか?
      ChinchikoPapa (11/06)
    • いつも通る裏道に選挙事務所ができていた
      玉井一匡 (10/12)
    • いつも通る裏道に選挙事務所ができていた
      Tosi (10/11)
    • いつも通る裏道に選挙事務所ができていた
      Tosi (10/11)
    • IWJがおもしろい;郷原信郎・寺脇研・望月衣塑子
      Tosi (07/01)
    • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
      玉井一匡 (08/17)
    • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
      秋山東一 (08/17)
    • エドワード・スノーデンの勇気:「暴露」
      Tosi (08/13)
    • 映画「NO」:選挙で 独裁者ピノチェトを退陣させた'88年のチリ市民
      玉井一匡 (01/26)

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM