石橋湛山が注目されるとき

0

     石橋湛山について書かれた本が数冊 うちの事務所に置いてあるのを見て、これは読んだ? と 昨年末に刊行された「湛山読本」を 友人が持って来てくれた。
     もと朝日新聞 主筆の船橋洋一が、社説を主とする湛山が東洋経済新報に書いた記事から70点を選び、それにひとつひとつ時代背景などの解説を加えたものだ。社説は、せいぜい3ページ程度の短い文章だから、通読すると早回しのアニメーションのように時代の流れを実感として感じとることができる。

     読み終わると、いま石橋湛山が注目されているらしいと思った。数年前まで 湛山についてぼくが知っていたことといえば、首相になってすぐに病に倒れ、潔く辞任した悲運の政治家という枠から出るものではなかったが、じつは、石橋湛山は日本のジャーナリストとしてひとり抜きん出た人であるし、経済学者としても政治家としても稀なほどすぐれた人だと 分かってきた。


     半藤一利と保坂正康の「そしてメディアは日本を戦争に導いた」は対談形式の本で読みやすい。ここで半藤は、戦争中のマスメディアは 軍部の圧力に屈しただけでなく、戦争を盛り上げれば新聞が売れるから 読者をあおる報道をしたのだと、大手新聞を厳しく批判する。半藤は それと対比するように、戦前戦中も節を曲げなかったとして 尊敬する2人のジャーナリストを挙げている。

     ひとりは信濃毎日の主筆だった桐生悠々、もうひとりが東洋経済新報の主幹 石橋湛山である。湛山は記者としてだけではなく、東洋経済新報の社長を引き継いでからは経営にもあたりながら筆をとって軍部とわたりあった。

     1921年のワシントン軍縮会議に際して湛山は、「一切を棄つるの覚悟」と「大日本主義の幻想」という社説を書き、満州蒙古も朝鮮も 戦争で手にいれた外国の領地を返せと主張した。
     桐生は、1933年の社説「関東防空大演習を嗤ふ」で、ひとたび空襲を受けたら大規模な火災が生じて 灯火管制だの防火演習など何の効果もないから、そこにいたる前に、空襲を受けないようにするべきだと書いた。

     石橋や桐生が弾圧に屈しなかったことは、軍部のお先棒を担いだ大手メディアのありさまをきわだたせる。おそらくそれが、大手メディアが 石橋や桐生をないがしろにした理由にちがいない。
     マスメディアというもののありようを、ぼくたちが実感をもってひろく理解できるようになったのは、福島原発の事故が起きる前の原発報道の姿勢を知ってからだ。


    「なめらかな社会とその敵」

    0
      「なめらかな社会とその敵」/鈴木健 著/

       中野図書館から 予約した本が届いたので取りに来るようにというメールが来た。だいぶ前に申し込んだので、メールが届いても、何が来たのかすぐには思い出せない。
      なめらかな社会とその敵」という本がおもしろいらしいと秋山さんに教えていただいてネットで予約したのだった。著者は若い人で柄谷行人の提唱するNAMにかかわっていたらしいということもそのときに知った。
       
       わずか3ページにすぎない「はじめに」の明快な論理は、これから何を言おうとしているのかを理解させ、人間の世界の未来にもまだ希望があるかもしれないと思わせてくれたので、ほとんど読んでいないのに高揚感があるうちに書きとめておきたくなった。

       細胞は、DNAが制御するシステムを膜で包んで保護している。それを拡大した人間の社会は、さまざまに排他的な境界をつくり、その内部のシステムを護ろうとする。これまで人間は、感知できる範囲の単純なモデルをつくってものごとを理解し、単純な制御システムをつくってきた。その境界を護るためには生命さえ犠牲にする。
       
       現在までの短い時間に劇的な進化と普及をとげたコンピューターと、それらをむすぶインターネットの普及によって、人間は複雑なシステムを理解し制御することが可能になったいま、われわれはモデルを単純化するための境界を必要としない「なめらかな社会」をつくる用意がととのったとして、その実現のための4つのコアシステムを著者は提案する。
      _瀛哨轡好謄燹陛素電蟷餡瀛PICSY)投票システム(伝播委任投票)K.轡好謄燹陛素甜匆餬戚鵝豊し鎧システム(伝播軍事システム)である。

       それをどう論証し、どうやって社会に実現するというのか・・・好奇心を刺激し、もしかすると人間の未来に希望があるのかもしれないという期待も抱かせる。だとすれば、この本は買って自分のそばに置いておくことにしようと思う。

      ベアテ・ゴードンさんと ねじれのチカラ

      0
        Click to NY Times
         昨年末の選挙の勝者は、今年の参議院選挙で過半数を取って国会のねじれ現象をなくし憲法を変えたいと思っているにちがいない。
         それが気になるせいか、「ねじれ現象」のことを英語ではなんというのか知りたくなった。wikipediaで日本語の項目を開き、そこから別の言語を選ぶと、奥行きのある辞書としてとても役に立つのだが「ねじれ現象」を開いても、そこには外国語の項目がない。この概念は日本に独特なのだろうかと思いつつ内容を読むと、同じような情況はアメリカやフランスなどにもあるのだが、それぞれに制度の違いがあるため単純に別の外国語に置き換えるわけにはゆかないのだろう。
         
         「江戸の崖・東京の崖」の著者である芳賀啓さんのブログ「Collegio」に、「ベアテさん」というタイトルでベアテ・ゴードンさんが亡くなったこと、日本のために彼女が果たしたことが書かれた。少女時代を日本で過ごし日本の女性の立場を自身で目にしていたベアテさんは、GHQのつくった日本国憲法の草案に関わり、男女同権をうたった第24条などを起草した。ニューヨークタイムズのweb版の記事ではベアテさんとその死について2ページをつかっているから、日本のメディアよりもよほど丁寧に報じている。
         芳賀さんは、ベアテさんと会った自民党議員・扇千景が、相手を揶揄するもの言いをしたのに対して、胸のすく切り返しを見せた逸話を紹介している。

        「非暴力革命のすすめ」

        0

           2月19日から20日にかけての夜中に、NHK BS1の「海外ドキュメンタリー 非暴力革命のすすめ〜ジーン・シャープの提言〜」という番組を途中から見はじめたら、とてもおもしろい。ドキュメンタリーは、彼の思想がユーゴや北アフリカ、ビルマなどの独裁権力との戦いのバックボーンになったことを、シャープ自身とアフガニスタン人の若いアシスタントのインタビューを軸に数々の独裁とたたかう運動の動きや活動の参加者たちのインタビューで構成されている。ぼくはこの人の名前すら知らなかったから、見ているうちに彼の活動とそれがもたらした結果の大きさと意味の深さに驚いてしまった。
           地理的な位置はもとより宗教的文化的な背景もかけ離れたこれらの国で、シャープ自身が直接に関わったわけではなく,彼の著書(From Dictatorship to Democracy:独裁から民主主義へ)が自由を求める人々を力づけ行動を導くことができたのだ。この本は精神的・思想的な支柱となるものであるよりも「相手の暴力に挑発されるな」とか「相手と交渉をするな」というような、具体的な指針を示すマニュアルのようなものであったために普遍的に受け容れられたのだろう。  もとは、ミャンマーの反政府活動家のために書かれたものだったそうだが、いまのところでは最後に自由を手にしたのがミャンマーだったというのも興味深い。

           かくも情報が過剰な時代に、これまでそれを全く知らなかったことにも自分でおどろいた。ちょうど、小出裕章氏の存在と研究・活動について知ったときのようだった。BSの再放送があるのだが、NHKがBS受信の登録を求めるメッセージがいやがらせのように画面の左隅に出てくる時間帯だ。それでもぜひ録画しておこうと思う。
          ■再放送:BS1/2月27日18:00~18:50
          続きを読む >>

          | 1/1PAGES |

          calendar

          S M T W T F S
            12345
          6789101112
          13141516171819
          20212223242526
          2728293031  
          << August 2017 >>

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          • IWJがおもしろい
            Tosi (07/01)
          • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
            玉井一匡 (08/17)
          • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
            秋山東一 (08/17)
          • エドワード・スノーデンの勇気
            Tosi (08/13)
          • 映画「NO」:選挙で 独裁者ピノチェトを退陣させた'88年のチリ市民
            玉井一匡 (01/26)
          • 映画「NO」:選挙で 独裁者ピノチェトを退陣させた'88年のチリ市民
            AsianEmi (01/26)
          • 「崖っぷち国家日本の決断」
            Tosi (12/22)
          • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
            玉井一匡 (12/02)
          • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
            玉井一匡 (10/12)
          • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
            kawa (10/10)

          recent trackback

          recommend

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM