「崖っぷち国家日本の決断」

0
    崖っぷち国家日本の決断」/孫崎享マーティン・ファクラー/日本文芸社/2015.02.28

     以前に「青春の柳宗悦」というエントリーでも 同じような書き出しではじめたが、1億もの人間がいれば、中には極端な考えをもつ人間もいるのは当然のことだ。
    しかし、一国を代表し国家の行動を決定するはずの首相とその内閣が極端な考えをもち、まともな判断力をもたないというのは深刻な問題だ。

     外から見れば、われわれ国民が安部晋三とひとくくりにされて「日本」として認識されるのは はなはだ不本意なことだが、それどころか、周りの国と人々にとって危険きわまりないことでもある。
    安倍政権がやったことを列挙すると、どれほど危険なことを重ねるのかと改めてうんざりする。

    ・いつかは必ず大地震や噴火の起きる この国で原発を再稼働
    ・機密保護法の制定を強行
    ・集団的自衛権を強引に立法化
    ・沖縄県民の反対を無視して辺野古基地建設を強行
    ・自民党自身が選挙で反対を公約したはずのTPPを強引に締結へ進む
    ・原発を輸出する
    ・武器輸出緩和を求める経団連の要望に すぐさま対応する
    正気の沙汰とは思えないことを つぎつぎと実行した。

    こういう政策をすすめる内閣の面々が情けない振舞いにおよぶのは必然だが
    ・首相みずから「福島第一原発の放射性汚染水は完全にコントロールされている」
     と公然と嘘をついてオリンピックを招致する
    ・日本人がISに捉えられているのを承知で「有志連合」に金を提供するなどと
     これ見よがしに公言して処刑の理由を与える
    ・国会では椅子にふんぞりかえり「早く質問しろよ!」とヤジを飛ばし
    ・質問には答えられず延々と無関係な「持論」をくりかえす
    ・副首相は「ナチのやり方を真似ればいい」と自慢げにうそぶく
    ・何人もの大臣が怪しい金を受けとり、下着泥棒をしたといわれる男は居座る。

    かつて、森喜朗が首相だったときに退陣に追い込まれたのは、「日本は神の国だ」と遺族会で言ったからだったことを思えば、森が気の毒に見えるほどだ。

     この本を、こういう内閣に我慢のならない人が読めば、外国のジャーナリストがこのありさまを認知していることに 一縷の希望を抱くことができる。 安部晋三を信じてやまない人でも、すこしは考え直すかもしれない。


    かもめブックス:本屋は大きくなくてもいい

    0
      Click to PopuP

       数ヶ月前、神楽坂を登り切ったあたりに「かもめブックス」という本屋ができた。まえにも本屋が入っていた古いビルの1階を改装して新しい経営ですっかり生まれ変わったのだ。

       道路に面したところにはカフェ、奥に小さなギャラリーがあるし、文房具もすこし置いてある。壁面を本棚が埋め尽くしているわけではなくて、本棚と柱の間には隙間もある。気候のいい日には道路にむかって店を開け放っている。店の外には、板張りの床の一画を塀で囲んだ喫煙コーナーがある。
       もともと決して大きな店ではないうえに、ほかのもののために場所を割いているのだから本の売り場も本の点数も大分すくなくなっているはずなのだが、ぼくには本が少ないとは感じられなかった。

       本が好きだといっても、読みたいものは、世の中にあるもののうちの ごく一部にすぎないのだから、本屋にさほど広い床面積は必要はないのだ。
      インターネットから莫大な情報をいつでも取り出せるようになったいま、 ぼくたちが書店に求めるものは、情報の量でも本の数でも床面積でもない。好きな本をきもちよく開いて見て、気に入ったら連れて帰ることのできる場所なのだ。

       たとえば上野の駅ナカに大きな本屋があるけれど、ぼくは いささかも知的好奇心をそそられることがない。なにしろ入口まわりには嫌中嫌韓ものを集めたコーナーを設け、売れるものであればどんな卑しい気持ちでつくられたものであろうと、人目を惹くところに置こうというのだ。こんな店では決して買わない、店に入ることさえしない。無駄な情報と罵倒に満ちた2チャンネルを店にしたような代物だ。

      震える牛

      0
        「震える牛」/相場英雄/小学館

         迷宮入りした事件を再捜査する部署をつくり、有能だがわけあって窓際にやられている刑事をそこに配置するというスタイルは、ヨーロッパでもアメリカでも日本でも、近来の推理小説のひとつのジャンルを確立したようだ。

         そういう刑事を主人公にする この小説を読み始めたのは、すこぶる個人的な理由からだった。なにしろ彼は うちの最寄り駅である西武新宿線の新井薬師駅の近くに住んでいて、事件は そこからJR中野駅に歩いて行く途中にある中野駅北口 飲食店街の居酒屋で起きる。

         それだけではない、彼が捜査に行く先のひとつが新潟市に実在するショッピングセンターで、そこは母の家からもっとも近いスーパーマーケットをモデルにしていることが明白にわかるのだ。
         
         とはいえ、そんな個人的な偶然は読み始めた動機にすぎない。そのあと一気に読んでしまったのは、推理小説として無駄も破綻もなく構築されているから先を急ぐ思いがとまらないし、現在の日本中を蝕んでいる普遍的で根深い問題を題材にしているためだ。
         ところが、Amazonのレビューを見ると、星の数が平均では3.5ほどで思いのほか少ないと感じて内訳を見ると理由がわかる。9月13日現在、5つ星から1つまでが16-18-9-6-4というぐあいに並んで、5つ星4つ星がとても多いのに2や1さえ、かなりの数あるという珍しい分布をしている。

        キャパの時代・ぼくたちの時代

        0

           


           沢木耕太郎の「キャパの十字架」のあと、ぼくはずいぶん長いあいだエントリーしないまま、やがてふた月になる。
           言いたいことがなくなったからではなくて、言わなければならないことや 知りたいことが次から次へと出てきて、それらがたがいにつながっているうえに、いま われわれの生きる時代とも深くつながっているから、ときに腹立たしくときに落ち着かなくなるのだ。

           「キャパの十字架」を読み終わったあと、どうも釈然としないところがあった。それは、このノンフィクションと並行して同じ題材のNHKのドキュメンタリー番組に沢木がたずさわっていたことと関わりあるにちがいないが、ぼくはそれをまだ見ていないのだとブログに書いた。
           すると、すぐに五十嵐進さんから、DVDにダビングして送るというメールをいただいて数日後には、NHK スペシャル「沢木耕太郎推理ドキュメント運命の一枚”戦場”写真最大の謎に挑む」日曜美術館「ふたりのキャパ」が届いた。

           このNHKスペシャルは、沢木自身が案内役をつとめ、ナレーションの文章も沢木の書いたものが使われるくらい、彼自身が深く関わって「十字架」と同じ道筋でおなじ結論に至るのだ。しかし、たった一枚の写真という題材を検証するとあっては、映像とコンピューターがやすやすとやってのけることに、文章はとてもかなわない。
           DVDを見たあとに、沢木自身を動かしたのは何だったのか、それ以上にキャパとその時代について知りたくなったぼくは「ちょっとピンぼけ」もまだ読んでいないのだが、沢木の翻訳した二巻の伝記「キャパ その青春」「キャパ その死」(リチャード・ウィーラー著)を手に入れた。


          キャパの十字架

          0
            「キャパの十字架」/沢木耕太郎著/ 
             
              10数年前に、沢木耕太郎がキャパの伝記(キャパ その青春キャパ その死)を翻訳した時に知った、かねてから提示されていた疑問・・・キャパがスペイン内戦のときに撮ったとされる「崩れ落ちる兵士」という写真は、ほんとうにキャパが撮ったのか?いつ・どこで撮られたのか?・・・を、みずからスペインに渡り解き明かしてゆき ある結論にたどり着くというノンフィクションだ。

             これまで沢木耕太郎を愛読してきたぼくにとっては胸躍る読書であるはずなのに、そういう思いには至らずに、なぜだろうかと考えながら理由がわからないまま読み終えた。
             その不満の原因をさがしだして、ぼくにとって、この読書の収穫にしよう。おそらく、それは現在のメディアのありかたに理由がある。
             
             ぼくは、映画を見るとき、旅にゆく前にも予備知識をできるだけ持たないままで行きたいのだが、ちかごろの映画の予告編は映画を見る必要がないくらいに物語をつたえてしまうから、予告編を見ないことにしている。ギンレイホールで次回の予告編が終わるまで、ぼくはiPhoneのイヤフォンで耳栓をして音楽を聴き、薄暗い光で本を読み続けるのだ。

             現実には、新聞広告やポスターやチラシ、資金の豊富なやつはそれにTVのCM、さらには口コミやマスコミの評判も含めたものが一本の映画と集合体を形成するメディアとして、ひとつの映像表現なのだとは思う。しかしぼくは、その前に映画そのものをまずひとつの表現として見たい。すくなくとも、ひとの見方を知る前に自分で考えたい。それは本であれ中学校の教科書であれ、同じように思ってきた。

             ところがこの本の腰巻きには、差し出がましい予告編のように、著者が解き明かそうとしている謎の答えが書かれている。少なくとも、それを視界の端にとらえてしまったことがぼくの読書のよろこびをそこなったのは確かだ。
             あとになって、この本に書かれていることは沢木耕太郎の出演するドキュメンタリー番組としてNHKから放送されたことを知った。番組をまだ見ていないから、それをつくることがこの本にどのような影響をおよぼしたのかは想像するしかないけれど、無関係とはいえないだろう。本の初版が2013年2月13日で、放送はその10日前の2月3日なのだが、NHKについては、あとがきでわずかに触れているだけだ。

             ほかでもない、この本は、戦場における死をとらえた写真という、メディアそのものを主題にしたノンフィクションであるのだから、本と並行してテレビのドキュメンタリーが作られたことを取り上げ、そのことも取材の対象にするべきだったのではないか。 それが書かれていないところに、沢木の探索に切実さが欠けていると感じられるのではないか。

            「海底二万里」はおもしろい

            0
               海底二万里 上・下/ジュール・ヴェルヌ著/村松潔訳/新潮文庫

               もし村松潔さんが翻訳されなかったら、ぼくはこの小説を読むことはなかっただろう。
               aki's STOCKTAKINGでこの本のことを知って、なぜ新たに村松さんが翻訳をするのだろうという好奇心を持ちながら、読書中の本も待機中の本もあったから、新潟に行く時を待って駅前のジュンク堂で買った。ぼくはAmazonで調べて贔屓の本屋で買うのを原則にしている。

               読み始めても具体的な記憶がよみがえらない。ぼくは子供向けの小説も読んでいないようだ。しかし、なまじ子供向けのものなど読んでいなかったのはむしろ幸いだった・・・とにかく面白いのだ。
               海の中の景色そのものはテレビでも自分でも見ているからそれに驚きはしない。しかし、この時代すでに蓄積されていた知識の豊かさと それを通してつくられた世界観は、いまも興味深いし、この本の書かれた時代の背景にそれを重ねると いっそうかがやきを増す。
               
               洋上を航行する大型船が何者かにぶつかっては大きな痕跡を残すという事件が頻繁に起こる。謎の巨大生物に世界が騒然となって、正体を解明すべく調査船が向けられることになった。そこに同乗しないかと、アメリカ滞在中のフランス人博物学者アロナクスに声がかかり、彼は助手を連れて要請に応える・・・物語の発端でさえ、ぼくは知らなかった。
              物語は、このアロナクスの視点を通じて描かれる。

              「ティンカー・テイラー・ソルジャー・スパイ」=「裏切りのサーカス」

              0
                 aki's STOCKTAKINGで「ティンカーテイラー・ソルジャー・スパイ」のことが書かれので、書きかけだったのを引っ張り出してきた。
                 対立という協力関係によって構築されたベルリンの壁が壊れたあと、国家の対立を軸とする国際情勢が終わったという気分になったんだろう、スパイ小説はあまり書かれなくなり、主人公が企業のための調査の仕事を請け負うようになった。
                そのうちに、ぼくも読む気にならなくなった。ところが、国際情勢が緊張をましてきたからなんだろうか、このごろはスパイ小説をおもしろいと感じるのだ。
                 
                 スパイ小説作家として007のイアン・フレミングと双璧をなすジョン・ル・カレには、スマイリーシリーズといわれる三部作がある。ぼくは007の映画を見たが小説を読んだことがないのとは逆に、ジョン・ル・カレは小説を読んでいるが映画は見たことがなかった。女にもてる派手なジェームズ・ボンドと妻にさえ手ひどい仕打ちを受ける地味なスマイリーに共通するのは、著者がふたりともイギリス外務省のもとにある情報機関MI6の出身という経歴だ。
                 
                 ロンドンオリンピックの開会式のためにつくられた映像にエリザベス女王が登場して、宮殿に迎えに来た男と女王がスカイダイビングしたのを見て、ぼくは女王のチャーミングにまいってしまったのだが、あとになって、あれがいま封切り上映中の007映画「スカイフォール」のジェームズ・ボンドで映画のストーリーと重ねた演出なのだと知って、イギリスの王室と国民が互いをうまくつかう成熟のほどに感心した。

                「黄昏に眠る秋」と「冬の灯台が語るとき」

                0
                  「黄昏に眠る秋」「冬の灯台が語るとき」/ヨハン・テリオン著・三角和代訳/早川書房・ハヤカワポケットミステリー

                   スウェーデンには、マイ・シューバルとベール・ヴァールーの夫妻が毎年一冊ずつ10年にわたってスウェーデンの社会を描いたマルティンベックシリーズと呼ばれる警察ものの名作シリーズがあってぼくも次に書かれるものを楽しみに愛読した。

                  「黄昏に眠る秋」「冬の灯台が語るとき」の2冊もスウェーデンの作家による推理小説で、マルティンベックものにひけをとらないが、描き方も描き出す世界も対比的だ。

                   「秋」と「冬」がタイトルにふたつ並べば、このシリーズがあと2冊つづいて4冊で終わるであろうことは容易に想像がつく。マルティンベックシリーズの時間は流れる10年間であるけれど四季は循環するものだから、じつは永遠で普遍的な時間だ。
                   空間も、マルティンベックシリーズがスウェーデンの都市を描けば、こちらは海峡によって本土と隔てられた島という完結した小さな空間で登場人物も少なく、普遍的な世界を描く。推理小説であるより舞台劇のようだ。

                  常備したくなった2冊

                  0
                    *「騙されたあなたにも責任がある」/小出裕章/幻冬社


                     自分自身で直接に経験したことは忘れようとしても忘れられるものではないが、本で読んだ知識は、その時こそ肝に銘じるのだが時とともに印象が弱まってゆく。
                     原発と地震の危険の大きさとそれに対する対処を簡潔にまとめたこの2冊は、それを忘れさせないように、つねに身の回りに置いておきたいと思う。

                    1冊目の「騙されたあなたにも責任があるは、原発とその危険についてQ&A形式で書かれているから記憶に刻みやすい。その大部分は、何かの本やYouTubeで小出裕章氏がすでに発言していることであるにもかかわらず、読むたびに思いを新たにさせるのだ。

                     われわれは、自分の死がかならずやってくるということを知っている。しかし、それは今日や明日ではないと思い続ける。3.11の前から原発の安全性など信用していなかったにもかかわらず、ぼくたちは無意識のうちに事故は起こらないかもしれないと思い込もうとしてきた。・・・われわれは自分自身を騙してきた、あるいは、騙されたいと無意識のうちに思っていたのだ・・・そう小出氏は言うだろう。

                     ことここに至っても性懲りなく、放射性物質の危険はだいぶ少なくなったという政府の説明を聞かされているうちにそれに期待を抱いたりしないよう、ぼくはこの本をときどき開くことにしよう。・・・どれほどの放射性物質がまき散らかされたか、いつになったらそれが弱まるのか(あるいは、いつまで弱まらないのか)、現在どれほど流出し続けているのか、それを撤去してしまうことがいかに難しいかを思い出すために。

                     しかし、それは悲観的に生きるためではない。誰がこの事態を招いたのかを記憶に刻むため、出来るだけ早く原発をなくすため、むしろ自分を奮い立たせるためだ。
                    続きを読む >>

                    | 1/1PAGES |

                    calendar

                    S M T W T F S
                     123456
                    78910111213
                    14151617181920
                    21222324252627
                    28293031   
                    << May 2017 >>

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
                      玉井一匡 (08/17)
                    • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
                      秋山東一 (08/17)
                    • エドワード・スノーデンの勇気
                      Tosi (08/13)
                    • 映画「NO」:選挙で 独裁者ピノチェトを退陣させた'88年のチリ市民
                      玉井一匡 (01/26)
                    • 映画「NO」:選挙で 独裁者ピノチェトを退陣させた'88年のチリ市民
                      AsianEmi (01/26)
                    • 「崖っぷち国家日本の決断」
                      Tosi (12/22)
                    • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
                      玉井一匡 (12/02)
                    • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
                      玉井一匡 (10/12)
                    • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
                      kawa (10/10)
                    • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
                      kawa (10/10)

                    recent trackback

                    recommend

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM