「はたらいて笑う」 と 「はたらかせて笑う」

0

     

     JRの中吊り広告の小さな紙面からはみだしそうな 大男の大笑いが大写しになっているのを見て、ぼくは思わず好意的な笑みを浮かべたに違いない。アップルのファンは たいていの人が大好きな、パーソナルコンピュータの産みの親 スティーブ・ウォズニアクだもの。写真の右下にはWozとサインがある。

     

     いちばん下には「はたらいて、笑おう。」というメッセージがある。ウォズの言葉と思わせようとしているのだろう・・・が、それだけでは 何の広告なのか分からないのだが、となりに対として並んでいる高齢だが 生き生きとした表情のきれいな女の人の写真にも同じメッセージがあることで、それが写真の本人の言葉ではないことが分かる。

     小さく「PERSOL」と書かれているロゴがメッセージの発信元らしい。そこで、人材派遣会社の広告なのだろうと感じた。電車は、中吊りの他に壁の広告も、ことごとく同じ二種のポスターで占められていた。

     

     ポスターとしてはおもしろいと思う。しかし、ウォズをこんな広告につかうことを、ぼくは腹立たしく感じた。これをつくった人々は「はたらかせて笑おう」と思っているはずだと感じたからだろう、ぼくは iPhoneを取り出して一枚だけ写真を撮ったが、あとになって それを見ると、前景に吊革を入れて PERSOLの文字を隠していた。


    日本国憲法の実物 と VRメガネのGoogle Earth

    0

       Click

       

       先週のはじめに本間さんが電話をくれた。

       「新しいVRメガネでGoogle Earthを見ると、すごいよ。見に来ない?」というのだ。VRとはバーチャルリアリティ(仮想現実)のことだ。彼は、ぼくがGoogleマップやGoogleEarthを大好きなのをよく知って言っているのだから、きっと面白いに違いない。

       29日に行くと言ったつもりだったので前日に電話をすると「日にちは決めてなかったから29日は国立公文書館に行くことにした・・・日本国憲法の実物を展示してあるんだ、でも、うちに来るなら公文書館の予定を変えてもいいよ」と言ってくれた。

       

       そう言われると、5月7日で会期が終わるというし ぼくも日本国憲法の原本を見ておきたい。けっきょく 昼に公文書館に行ったあと 本間さんの家に行き、Google EarthのVRを体験させてもらうことになった。公文書館は竹橋の近代美術館のとなりで、本間さんの家は横浜にある。

       

       展示してある実物は 当然のことだが ガラスケースの中に開いて置いてあって、ページを繰ることができるわけではない。展示されているのは、署名のページだった。たしかに、条文そのものは 本で見ようとネットで見ようと 内容に変わりはないが、署名は、その紙にその人が思いを託し じかに書いたものであるから、実物であることが想像を拡げ深める。

       

       この日が昭和天皇の誕生日であったことを、そのときぼくは忘れていた。昭和天皇の「御名御璽」につづき、首相兼外相 吉田茂をはじめ国務大臣 前首相の幣原喜重郎ら内閣の署名が並んでいるのを目前にすると、歴史の事実がここにあるという特別な感慨が浮かぶ。「御名」が天皇自筆の署名であり 「御璽」が「天皇御璽」と書かれた天皇の印鑑であることを、このときぼくは初めて意識した。

       国務大臣として名を連ねている斎藤隆夫は、あの反軍演説の斎藤隆夫かと気づいた。早くから満州と朝鮮の解放を唱えた石橋湛山は大蔵大臣だが次のページにあるから実物はみられない。

       

       原本の 天皇自筆の署名を目前にすると、戦争を拡大し暴走する軍部に怒り 戦争末期に終結の道を必死に求めたとされる昭和天皇が やっとたどりついた到達点であり、そこから新しい国つくりが始まる出発点であったことが実感されるのだ。

       

       翌30日のNHKスペシャル「憲法70年”平和国家”はこうして生まれた」は、憲法の平和条項が国民の意に反するGHQの押しつけなどではなく、天皇をはじめ、学者・政治家・外交官など 戦時中から平和を目指し唱えていた人々の議論の結果としてつくりあげたことを、新しくみつかった資料によって実証する力作だった。日本国憲法が、どれほどきわどい奇跡的な状況の中で生まれたのか、どれほど大切で、簡単にこわしてはいけないものであるかを納得させると思う。

       

       当時のGHQの中でも政府でも、さまざまに対立する主張があったように、現在のNHKの中にもさまざまな考え方が共存しているのだろう。


      ドキュメンタリー映画「シチズンフォー スノーデンの暴露」

      0

         「シチズンフォー スノーデンの暴露」の映画館上映を見逃してから だいぶ時間が経ってしまったが、レンタルDVDを借りにゆくと、おかげで準新作になっていていた。

         この映画には、スノーデンが伝えようとした事実そのものの他に、2つの点でぼくは興味があった・・・スノーデンがどのような人物であるのかを自分の眼で見たい、そして 「暴露:スノーデンが私に託したファイル」に文章として書かれているときのことが、同じとき同じ場で映像という形式で記録されたものは どう違うのかを知りたかった。

         ぼくは文章を先に読んでいたから、事実の経過や背景やスノーデンの意図については理解しているつもりだ。しかし、ひとの気持ちを読みとるのは映像で表情や話しかたを見るにはおよばない。

         

         彼は メディアに携わる人たちから2人の人物をえらび、彼らを信頼するに足ると見込んで、ある情報を託すからマスメディアを通じて世界に公表してほしいとメッセージを送った。

         CIAと NSAが、Facebook、Amazon、Microsoft、Apple、ATTなどのシステムに入って個人の情報や交信の記録を密かに蒐集している・・・その事実を示すファイルを持っていると伝えた。送られたメッセージには、信頼性を確認するため情報の一部が添付された。ちなみに、CIAは大統領直属の情報機関であり NSAは国防省の情報機関である。スノーデンは、その両方に勤務した。

         

         上記の本は、この2人のうちのひとりであるジャーナリスト グレン・グリーンウォルドが書き、映画は もうひとりのローラ・ポイトラスがつくった。

         

         はじめは2012年末、メールがグリーンウォルドに送られた。しかし 暗号システムの構築を求められたり、罠やガセネタの可能性も捨てきれず 、グリーンウォルドは しばらくそれを放置していた。翌2013年春、業を煮やしたスノーデンはポーラに連絡をとる。受けとった情報を本物と見たポーラが旧知のグリーンウォルドに声をかけ交信を重ねたのち、ふたりは香港のホテル (The Mira Hongkong) に潜伏するスノーデンに会うことになって、この告発を最初に公表する「ガーディアン」からも記者が加わり、3人で部屋を訪ねた。


        天才を編集する

        0

           

           

           ギンレイホールで見た「ベストセラー」という映画には「編集者パーキンズに捧ぐ」という副題が添えられている。

           ニューヨークの五番街にあった老舗出版社 スクリブナーの名物編集者マクスウェル・パーキンズと、まだ無名だが才能と野心に溢れた小説家トマス・ウルフの間の父と子のような師弟のような愛情と信頼、反発や怒りを縦糸に、やはりパーキンズが担当して同社から代表作を出し すでに人気作家となっていたスコット・フィッツジェラルドアーネスト・ヘミングウェイが横糸として登場する。

           

           これだけの顔ぶれに、複雑な要素の重なった物語は、一本の映画の画面にはとても収まりきらなかったところがあるにちがいない。それを知りたくなって、映画の公式ウェブサイトに原作として紹介されていた「名編集者パーキンズ」という本の上下巻を図書館に予約した。

           

           案の定、どころか 想像をはるかに超えるおもしろさだった。トマス・ウルフとフィッツジェラルドとヘミングウェイのところだけを読むつもりでとりかかったが、素人には馴染みのない作家のところさえ 面白くて、すぐに通読した。この三人の記述が8割がたを占めるから、そこを読めばおのずと全巻を通読することになるのだ。

           

           ヨーロッパを荒廃させた第一次大戦のおかげで飛躍的に経済力を伸ばしたアメリカが恐慌を経てつぎの大戦へと階段を上るうちに、文化でも主導権をとってゆく世界の歴史でも重要な節目の時代を、同族経営の出版社という小さなステージから実感できる。

          そのころから、東洋の果ての島国も アメリカのあとをそのまま縮小させたような足どりをたどりはじめ、のちに衝突して叩きつぶされながら、従属に安住するという 今に至る歴史の流れも、このころはとうに始まっていたのかもしれない。


          暮しの手帖:特集 戦争中の暮らしの記録

          0

             Click

             

             自宅の最寄り駅、西武新宿線新井薬師前駅には小さな駅前広場がある。

             私鉄の小さな駅には 前後に踏切があることが多いから、改札を出て線路の反対側に行こうと踏切にいくと、たいていは遮断機が下りている。いま乗ってきた列車が通り過ぎているのだ。

             

             それを待つのがいやなら 階段を上って駅の反対側の改札を出入りすればいい。

            しかし、朝は 乗る人も降りるひとも時間に追われているから、階段をのぼって向こう側に渡るけれど、家路につく夜には時間の余裕があるから踏切を待つことが多い。だから 駅前の小さな広場にならぶ店がぼくたちをとらえる。

             

             そこにある古本屋の、 安い本を入れた店先のワゴンの中に「特集 戦争中の暮らしの記録」という「暮しの手帖」があった・・・500円だった。やや傷んでいるが、これぐらいの方が 読んだ人を感じられるし 戦時中の暮らしの特集らしくもあるから、かえっていい。

             NHKの朝ドラを見て、発刊当時にこの号を買わなかったことをぼくは後悔していたから この発見がうれしくて、奥にいるオヤジに500円硬貨を渡して、満足感にひたりつ道々読みながら帰った。

             

             やがて放送が終わろうとしていた頃に買ったのだが、いまも まだ通読していない。とはいえ、雑誌というものはそういうものなのだから、受けとった印象が弱まらないうちに書いておこう。


            榎本文夫さんのパロディ年賀状 20年

            0


              Click to PopuP

               

               1月15日、プロダクトデザイナー榎本文夫さんのFacebookにこう書かれていた。

              「1997年から始まった榎本アトリエのバカ年賀状シリーズ、こんなに余っていました。ご希望の方がいれば、フルセットで差し上げます!先着10名様まで、ご希望の方はメッセージで送り先をご連絡ください。」と・・・このシリーズは20年を区切りにしてやめるということなのだ。

               

               正月にはがきの束が届くと、うちの家族は榎本さんの年賀状をたのしみに探すのが習いとなっていたから、ぼくはすぐにFacebookのメッセージを送った。玉井さんから申し込みが来るとは思わなかったと返信が来たので、先着10人にまにあったらしいと到着を楽しみにしていると、1月31日に 20枚の葉書が入った封筒が届いた。

               

               寝る前に、ぼくは20枚の葉書を左上の1997年から右下の2016年まで4行5列にテーブルの上に年の順に並べて写真を撮って、そのままにしておいたから、翌朝ぼくたちは20年を振り返ることになった。


              「池田学 ペン一本 まだ見ぬ頂へ」

              0

                 

                 昨年12月29日、NHK BS1で「明日 世界が終わるとしても」というドキュメンタリーシリーズが始まり、その第1回目が、アメリカに滞在して一枚の繪を描き続ける画家 池田学をとらえた「池田学 ペン一本 まだ見ぬ頂へ」だった。

                 

                 池田は、3年前からアメリカの美術館の地階にある一室で 黙々と一枚の絵を描いている。彼の大作を描くには、水平に置いた紙に ペンで一本ずつ線を加えてゆく細密な作業と 絵の全体を見る構成の間を自在に行き来できるのが理想だから、広い作業台と高い脚立を置ける大きな空間は得難いものだ。この絵の全体は、上の写真のパネル4枚分の大きさがある。

                 だからこそ彼の絵は、ぼくたちひとりひとり 一日一日の経験や行動がひとつの大きな世界をつくっているということを実感させるのだ。

                 

                 ここはウィスコンシン州の州都マディソンにあるチェイズン美術館(Chazen Museum of Art)。どんなところなのか 僕は知らなかったからGoogleマップで探すと、その前を走る道はユニバーシティ・アベニュと名づけられている。 湖のほとりにある この一帯には大学や研究教育機関があつまって、見るからに気持ちよさそうな環境がつくられている。池田には 仕事の場ばかりではなく、制作に集中できるように さまざまな環境が提供されているのだ。

                 

                 美術館は、さらに興味深い仕掛けをつくった。週末と休館日の月曜をのぞく毎日 13:30から14:30まで、池田の制作している様子を入館者が間近で見ることができるようにしたのだ。ドキュメンタリーは、絵の完成日と定めた日までの最後の日々を伝えている。彼の描き方と表現するものは分ちがたく結びついているから、描く過程を見る機会をつくったわけだ。

                 


                トランボ vs トランプ

                0

                  Click

                   

                   トランプのような人物が大統領選挙に勝った悪夢に、ぼくは しばし呆然としたが、もっと深刻な悪夢は アメリカという国が トランプを選ぶような状況に 陥っているということだろう。

                   

                   ギンレイホールで、映画「トランボ」を見た。

                   赤狩りに抵抗した「ハリウッドテン」と呼ばれた映画人のリーダーで実在の売れっ子脚本家ダルトン・トランボを主人公にした劇映画だ。

                   ぼくは、この人の名前すら知らなかったから、彼が脚本を書いた作品の大部分は中学高校時代に見ていることに驚いた・・・ローマの休日、黒い雄牛、スパルタカス、栄光への脱出、ジョニーは戦場に行った、等々。

                   普通に考えれば、ハリウッド映画界を描いた この映画ほどアカデミー賞にふさわしいものはないと思うが、昨年のアカデミー賞では主演男優賞のノミネートにとどまっている。よほどすぐれた作品が他にあったのか、さもなければ 政治的立場から一票を投じなかったアカデミー会員が多かったのか。(因みに作品賞は「スポットライト 世紀のスクープ主演男優賞はレオナルド・ディカプリオ ・・・まあ、これも悪くないか)

                   

                   トランボは非米活動委員会の聴聞会に召喚され 監獄に入れられるが、ロナルド・レーガンやジョン・ウェインなどは赤狩りの先頭に立って、ハリウッド・テンから仕事を奪い映画界から追い出す側に立った。ぼくは、かつてジョン・ウェインの映画に胸躍らせたことを恥じた。


                  謹賀新年2017

                  0

                    Click to PopUP

                     

                     

                    本年もよろしくお願いいたします

                     

                    「一酉(いちゆう)来復 忽ち鳳凰と成り 光 六合を満し 四海平安」

                    ・・・と読むつもりです

                     ことし私個人は年賀状をお送りできぬ身とあって、事務所としてお送りします。

                     

                    写真は新潟の海岸 海と太陽と海と佐渡 尾根に立つ鳥は平等院鳳凰堂の鳳凰

                     


                    映画「黒い雨」

                    0

                      Click 

                       

                       毎年この時期の一週間、神楽坂では「まち飛びフェスタ」というイベントが開かれる。まちが飛ぶんじゃなくて、まちへ飛びだそうというんだ。

                      ギンレイホールは、「神楽坂映画祭」と銘打って この地にかかわりのあるテーマで選んだ映画を上映して参加する。

                       

                       去年は、神楽坂に育ち いまも住んでいる加賀まりこの出演作を上映したが、今年は「新潮社から生まれた名作映画たち」というテーマで構成された。神楽坂に本社のある新潮社が出版した小説を原作としてつくられた映画を毎日5〜6本ずつ上映したが 今年も終わってしまった。

                       

                       見たいと思う映画は数本あったのだが、じっさいに見たのは一本だけ、ふた月ほど前に小説を読んだから これだけは見逃すまいと思っていた「黒い雨」だった。映画というものは、小説を先に読んでから見ると物足りないものだが、これはそうではなかった。

                       

                       映画が制作された1988年は 原作者 井伏鱒二が存命中であるし、今村昌平が監督だったからできたのだろうが、小説にはなかった人物を映画では登場させているし、小説には書かれていないできごともある。小説になかった視点をもって発言をする登場人物もいる。

                      続きを読む >>

                      | 1/12PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
                        玉井一匡 (08/17)
                      • 「卵をめぐる祖父の戦争」と「25時」: さしせまる時間 と 閉ざされた場所
                        秋山東一 (08/17)
                      • エドワード・スノーデンの勇気
                        Tosi (08/13)
                      • 映画「NO」:選挙で 独裁者ピノチェトを退陣させた'88年のチリ市民
                        玉井一匡 (01/26)
                      • 映画「NO」:選挙で 独裁者ピノチェトを退陣させた'88年のチリ市民
                        AsianEmi (01/26)
                      • 「崖っぷち国家日本の決断」
                        Tosi (12/22)
                      • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
                        玉井一匡 (12/02)
                      • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
                        玉井一匡 (10/12)
                      • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
                        kawa (10/10)
                      • サムライとヤクザ:ゴッド ファーザー +
                        kawa (10/10)

                      recent trackback

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM